村長のたうけーむぬゆむ゜

2014/1/28 9:07 更新

2014/01/28 10:00

 巳の歳が去り、午の歳を迎えた。巳(蛇)は、執念深いと言われる蛇ですが恩も忘れず、助けてくれた人には、恩返しを行い、探究心と情熱があると言われる。
 午は、人とのつきあいが古い動物で、人の役に立ち、人間も馬を大事にあつかってきた。午歳の特徴について調べてみた。陽気で派手好き、調子よろしく世辞上手、人気もあって人に立てられ、最高の金運を持っている。極端に言えば、お金がなくても、使った分だけ入ってくる。余裕もないがお金に困ることはない。そして、陽気な一方で根気なく、うわべを飾るくせがきず、新製品にすぐに飛びつく傾向があり、常に新しい情報を保有できる。しかも、自分で試してみないと気がすまないので、常に応用できる準備ができている。
 また、午歳の生き方は片道切符、言い方をかえれば潔い。男の花道は、行く道だけで、帰りはないものと考える。そういう生き方が格好いいと思えるのだ。しかしまた、午歳の人には、才能があり、みんな、一番になれる力と要素をもっている。しかも午歳には追い風が吹き、最高の航海を楽しむ気運にある。気運に乗ってますます上昇し続けることだろう。
 午歳には、歴史上活躍した人が多い。聖徳太子、織田信長、福沢諭吉、田中角栄、海外においては、チンギスハーン、レーニン、金正日等である。午歳の皆さんが、駿馬のごとく加速度がついてやまない活躍を願う。
 巳の歳は、多良間村が百歳を迎えた年であった。午の歳は101歳のスタートの年である。さあ、船出しよう。新たな目標に向かって。村民全員が乗り組み員となって、輝かしいゆかり゜村にたどりつくのだ