多良間村歴史年表

2009/4/20 18:00 更新

西暦 日本年号 出   来   事
1390 元中7年 宮古、八重山初めて中山に入貢と伝わる。
1477 文明9年 朝鮮斉州島民与那国に漂着し、多良間島に回送される。
1478 文明10年 このころ嶺間按司多良間島に「神名遊び」を伝える。
1479 文明11年 このころ朝鮮の李朝実録に多良間島はじめて史書にあらわれる。(斉州島民の漂流記)
1500 明応9年 土原宇曽呂、弘治年間、仲宗根玄雅に随従して八重山島の罰徒を追う(赤峯の乱)。初めて多良間島主を置くという。(球陽)
1522 大永2年 与那国征伐(鬼虎の乱)土原春源嘉靖、年間在多良間島主(土原氏家譜)
1532 元文元年 仲屋金盛、金志川を伐る。金盛、尚清王から金志川殺害の非を責められ自害す。金盛の娘真保那璃、父の罪科により王府に捕らえられる。宮古頭職廃止され、豊見親の称号なくなり、大親の世となる。(宮古史伝)
1597 慶長2年 砂川旨屋、唐芋を中国から持ち帰り島中流布せり(河充氏家譜)
1609 慶長14年 慶長の役(薩摩の琉球入り) 。宮古は平良、下地、砂川の三頭制となる。
1628 寛永5年 宮古は平良、下地、砂川の三間切となり、多良間を特別行政区と定めた。(宮古史伝には、多良間は下地間切に属したとある)
1637 寛永14年 宮古、八重山に人頭税を課す。
1678 延宝6年 多良間に族党出現、親泊筑登之親雲上、平良親雲上が捕らえる(過酷な人頭税に対する農民騒動)。
1685 貞享2年 多良間人数改めのため塩川 筑登之親雲上、白川氏下地親雲上来島す。
1691 元禄2年 多良間島に唐人漂着。
1695 元禄8年 この頃心海上人多良間に流刑となる。
1734 享保19年 平敷屋朝敏処刑され、長男は水納島、次男は7年後多良間島に流刑される。
1753 宝暦3年 白川氏多良間首里大屋子恵路、運城、泊、塩川3御嶽を整備す。
1771 明和8年 地震(M7.4)、大津波(明和の大津波)
1823 文政6年 宮古に学校所設立、多良間に会所なるものを設け、特権階級の子弟を教育す。
1855 安政2年 多良間騒動。仲筋村の蒲戸砂川等5人が中山にのぼり役人の横暴を訴える(アコーメー事件)。
1859 安政6年 奥州南部宮古の船多良間島に漂着。
1879 明治12年 廃藩置県(沖縄県となる)。
1885 明治17年 多良間で石油ランプが使われる。
1891 明治24年 平良尋常小学校多良間分校設立される。
1893 明治26年 公立多良間小学校として独立す。
1896 明治31年 島で製糖が始まる。
1900 明治33年 水納島に文教場設置される。
1903 明治36年 人頭税廃止される。
1913 大正2年 平良村から分村して多良間村になる。初代村長、佐久田昌章、議員は有志推薦で8名。
1915 大正4年 2代村長、松岡政憲。
1916 大正5年 3代村長、 松岡政憲(官選による)。
1920 大正9年 役場庁舎建設される。
1924 大正13年 4代村長、山内朝用
1925 大正14年 5代村長、仲本朝恒
1929 昭和4年 6代村長、青木雅英
1931 昭和7年 多良間郵便局開局、鉄筋コンクリート校舎竣工する。
1933 昭和8年 7代村長、座喜味朝好
1938 昭和13年 8代村長、来間泰邑
1941 昭和16年 9代村長、野原浩吉、大東亜戦争始まる。
1945 昭和20年 10代村長、野原浩吉
1946 昭和21年 占領軍による行政施行、日本円から軍票へ通貨切替え。
1948 昭和23年 11代村長、藤村市政
1948 昭和23年 中学校開校する。
1950 昭和25年 12代村長、藤村市政
1954 昭和29年 13代村長、砂川守
1957 昭和32年 政府計画で平野へ集団移民始まる。
1958 昭和33年 14代村長、砂川守、通貨交換B円から米ドルへ。
1962 昭和37年 15代村長、砂川守
1964 昭和39年 電気事業開始、村内電話交換業務開始。
1966 昭和41年 16代村長、下地朝憲
1969 昭和44年 中央公民館落成す。
1970 昭和45年 第17代下地朝憲村長就任。
1971 昭和46年 滑走路完成、大干ばつで人口減少。
1972 昭和47年 沖縄県日本復帰。エアータクシー運行、米ドルから円に通貨切替。
1973 昭和48年 国民健康保険事業開始、村歌・村章制定、村史発刊。簡易水道給水開始。
1974 昭和49年 第18代下地朝憲村長就任、多良間空港開港式
1975 昭和50年 第一普天間丸就航
1976 昭和51年 宮古製糖多良間工場落成(250トン)岩手県宮古市との交流。報恩の碑除幕式。
1978 昭和53年 第19代村長下地朝憲氏就任。水納島分校廃校となる。多良間村中央公民館落成。
1979 昭和54年 村立保育所落成。宮古市愛宕小と多良間小姉妹校締結。広域宮古市町村圏設立。
1980 昭和55年 老人福祉センター落成。
1981 昭和56年 多良間幼稚園舎移転新築
1982 昭和57年 20代村長仲宗根玄常氏就任
1983 昭和58年 村立図書館落成。し尿処理施設完成。村制施行70周年記念式典挙行。水納島飲料水供給施設完成。塩川集落センター完成
1984 昭和59年 へき地歯科診療所新築。消防車庫完成
1985 昭和60年 村議会議員選挙。村営ゲートボール場完成。
1988 昭和63年 多良間村総合整備モデル事業起工式。日本観測史上の大雨、3時間雨量382ミリ。
1989 平成元年 水納島に海底送電。
1990 平成2年 22代村長安里茂男氏就任
1991 平成3年 多良間小学校創立100周年式典
1993 平成5年 村民憲章制定、村林、村花、村花木、村鳥、村魚選定
1994 平成6年 第23代安里茂男村長就任。中型ハーベスター導入。
1995 平成7年 第24代安里茂男村長就任(選挙無効裁決後再選)
1996 平成8年 岩手県宮古市と姉妹市村締結。沖縄県議会議員選挙。農業委員会委員選挙(無投票)。一周道路開通記念式典。
1998 平成10年 中学校創立50周年
1999 平成11年 25代村長安里茂男氏就任
2000 平成12年 ゴミ処理施設落成
2001 平成13年 第26代兼濱朝徳村長就任。新多良間空港工事着工。多良間村議会議員選挙(議員定数10名)。
2002 平成14年 稲嶺知事視察公聴会。村リサイクルセンター、最終処分場、ストックヤード完成。農業委員選挙(決選投票)。沖縄県知事選挙。
2003 平成15年 新多良間空港完成、10月供用開始予定。宿泊、交流施設〔夢パティオたらま〕9月落成。村制施行90周年記念式典
2004 平成16年 保育所落成、市町村合併住民投票、多良間中学校プール開き、沖縄県議会議員選挙、前泊港旅客待合所(リードリームたらま)供用開始、宮古圏域田園地域マルチメディアモデル事業竣工
2005 平成17年 多良間村議会議員選挙(議員定数7名)。農業委員会委員選挙(無投票)                                  第27代下地昌明村長就任。
2006  平成18年   

(資料:多良間村史・村の歴史散歩)