村長のたうけーむぬゆむ゜(ひとりごと)広報9月号掲載

2014/12/2 18:11 更新

今年の八月踊りは天候にも恵まれ、三日間とも盛会であった。姉妹市村である岩手県宮古市からも「報恩の翼」19名の皆さんが訪れた。多良間島に流れ着いた善宝丸の船頭「善兵衛」さんの玄孫(やしゃご)に当たる兄妹お二人も初めて来島された。もし、善兵衛さんが生きて帰らなければ私たちは生まれてこなかった。報恩の碑の前で合掌する夢が叶えられた。八月踊りにも感動した。と喜んでおられた。八月踊りに島外から訪れた方は560名余であった。

さて、八月踊りでは、若衆踊り、女踊り、二才踊り、狂言、組踊りと続くが、メインは組踊りである。その組踊りで道行歌として使われるのが、「金武節」である。金武節は、二十五首あり、「執心鐘入」や「手水の縁」など少なくとも十二番の組踊りに使われている。

多良間の八月踊りでは、仲筋「忠孝婦人」で乙樽が谷茶を尋ねる道行きに使う。替え歌として「胸に物思ハ、あよも道程も、覚らすにつきやさ、本の城」意味:胸中に物を思いながら歩いているうちに、いつのまにか元の城(大川城)についた。

塩川「忠臣身替」で亀千代が若按司を尋ねる道行きでの替歌「身替に出

る、武士の義理やも、是までよとめは、ふやかれる袖に、かかるしら玉や、つつもかた」意味:身替に行くのは、武士の義理と知りながらも、別離の袖に、かかる涙はどうしようもない。

多田名組では、千代松が多田名大主を訪ねていく道行きでの替歌「おやの為やとて、やあかと我ないふたり、慈悲しらぬ敵に、くたて又いきよる」意味:親の為を思って守役と私の二人は、慈悲しらぬ敵のもとへ降っていくのである。

仲筋「仲宗根豊親見組」のあふがま くいがまの道行きは「干瀬節」の替歌である。

一般に歌われている「金武節」の本歌は次の歌詞で仲筋二番女踊りに踊られる。「こばや金武こばに 竹や安富祖竹 やねや瀬良垣に 張りや恩納」意味:くばの葉は金武村からとり、竹は安富祖竹で、骨組は瀬良垣でつくり、張りが出来上がったのは恩納である。つまり、「金武節」は金武から安富祖・瀬良垣を通り恩納に着くまでの道行きを、くば笠をつくる工程にたとえて詠んだものである。との説であり、組踊りで道行き歌として歌われているわけが理解できる。

また、金武節には伝説があるが紹介はいつかの機会としたい。