’’の検索結果

広報たらま(9月号)を掲載しました

2014/10/31 20:47 更新

広報たらま9月号(PDF版)を掲載しましたのでご覧ください。

9月号はこちらから

村長のたうけーむぬゆむ゜(ひとりごと)広報10月号掲載

2014/12/2 18:11 更新

9月・10月は運動会シーズンである。多良間幼稚園・小学校・中学校の合同運動会も9月27日に開催された。「とどけよう!輝く笑顔 最高のドラマを今ここに」のスローガンのとおりのドラマを生んだ感動する運動会であった。小学校・中学校が合同で開催してから13回目である。幼稚園のかけっこ、小学生・中学生のリレーと一生懸命走った。父母の皆さんも日頃の運動不足の体をいたわりながら走りきった。各学年の特技、それぞれ特徴があった。中学生の組体操心技体が一つになった。小中学生によるエイサーは、心を一つに最高の演舞ができ圧巻だった。親子二人三脚は毎年みものだ。校歌遊戯は連綿と長い歴史を受け継いでいる。未来永劫に続くことを願う。老人クラブ、母親踊りも花を添えた。最後のクイチャーには、小中学生と会場の皆さんが一体となり、大きな輪になり踊った。

正門のソテツのアーチも伝統がある。以前は各学校に作成されていたが今はほとんど見当たらないらしい。もしかすると多良間だけに残っているかも知れない見事なアーチだった。PTAの皆さんには、ソテツのアーチ作りは大変でしょうが、今後とも頑張って欲しい。

小学校の運動会は、以前は創立記念日の10月16日に開催されていた。ちょうど甘露の頃でタカ(さしば)が空一面に舞っていた。タカも運動会を見にきた、と信じていた。時にはタカの糞も空から降ってきた。当時、小学校だけでも400名余の児童がいた。その頃は、一学年で平均80名ほどの児童数であったから、現在の小学校全校児童数に近い。児童数が多いだけに行進も賑やかだった。棒倒しの棒に旗を立てての旗取り競争、騎馬戦、組体操などは男だけの種目だった。女子種目はお遊戯だったように思う。男女一緒の競技は少なかった。男女一緒に遊ぶこともなかった。いま思えばもったいない気がする。

運動会は個人競技・団体競技とも、決められたルールを守り、協力することで大きな力を発揮する。これは、日頃の学校生活や家庭・一般社会でも大切な事である。このことを児童・生徒の皆さんが経験し感じ取って、少しずつ成長していくことが重要である。元気いっぱいでの気持ちの良い笑顔で頑張った、幼稚園31名・小学生85名・中学生57名、計173名の皆さんに拍手を送りたい。頑張るということは美しく素晴らしい。

また、運動会のために日々の準備や児童・生徒への熱心な指導をして頂いた、校長先生をはじめとする先生方には感謝・感謝だ。すでぃがぷー。

8人の農業委員決まる

2014/10/24 10:00 更新



会長に本村恵和氏 職務代理に豊見城勝正氏

任期満了に伴う多良間村農業委員会委員選挙は、9月16日に告示され、その結果5人の定数に対して、定数と同じ5名が立候補届を提出し、無投票当選が決定した。
当選したのは、届け順に垣花秀市氏(61 字仲筋)、新里勝美氏(47 字塩川)、東風平正明氏(46 字塩川)、名嘉真好太郞氏(55 字仲筋)、垣花ゆかり氏(40 字塩川)、の5人。当選した5人には、9月26日当選証書が付与された。
また、議会推薦には佐久本直樹氏(41 字仲筋)、 農協推薦には豊見城勝正氏(61 字塩川)、農業共済組合推薦には本村恵和氏(65 字塩川)、がそれぞれ推薦され、10月1日辞令が交付された。
それを受け、10月1日午後、初会(総会)が開催された。その結果、会長には本村恵和氏、職務代理には豊見城勝正氏が選任された。
委員の任期は、平成26年10月1日~平成29年9月30日までの3年間。

水道水質検査結果(平成26年度)

2017/4/19 14:04 更新

4月 (PDFファイル)

5月 (PDFファイル)

6月(PDFファイル)

7月 (PDFファイル)

8月 (PDFファイル)

9月(PDFファイル)

10月 (PDFファイル)

11月(PDFファイル)

12月(PDFファイル)

1月(PDFファイル)

2月(PDFファイル)

3月(PDFファイル)

年間(PDFファイル)

水道水質検査結果(平成25年度)

2014/10/20 20:21 更新

たらぴん、お披露目

2014/10/2 18:07 更新


平成26年9月30日(火)に役場1階ロビーにおいて
多良間村イメージキャラクター・たらぴんのお披露目が行われました。
たらぴんは早速、住民登録を行い、
1125人目の多良間村民として住民基本台帳に登録され、
伊良皆村長から住民票を受け取りました。



たらぴんは子ヤギの男の子で生後100日、
将来の夢は八月踊りの『大主(ウプヌス』を演じること、
観光振興課に所属し、多良間のPRのため活躍するとのことです。


このあと、たらぴんは多良間空港で観光客らを
出迎える初仕事を行いました。
子ども達に「かわいいー♡」と抱きつかれたり、
一緒に記念写真を撮ったり、
自身の人気ぶりにちょっぴり照れるたらぴんでしたが、
無事初仕事を終えました。