’’の検索結果

書道教室

2014/2/26 13:41 更新

2014/03/15 09:0011:00

日時:平成26年3月15日(土) 9:00~11:00
場所:村立図書館2階

「本村恵眞」氏、叙勲章受章

2014/2/21 17:09 更新

平成26年2月12日塩川集落センターにおいて、「本村恵眞」氏の2013年、秋の叙勲で瑞宝双光章(教育功労)受章の祝賀会が行われ、村民多数が参加し本村氏の教育振興に対する功績をたたえ、さらなる活躍を祈念し祝した。あいさつで伊良皆光夫村長は「本村恵眞先生が、この度叙勲受章という栄誉に輝いたことは、私たち後輩や村民にとって励みとなり、勇気を頂いた。多良間村の大きな誇りである。若い頃から教育への情熱に燃え、長い人生を子ども達の教育に捧げられた。厳しい時代を忍耐強く乗り越え、教育に対する情熱を傾けたおかげ。」と受章の祝を述べた。

たうけーむぬゆむ゜

2014/2/19 13:58 更新

2014/02/19 14:00

毎年1月24日から1月30日までは、全国学校給食週間です。それに伴い各地区で招待給食が実施されている。多良間小学校においても、1月24日教育委員会関係者とともに私も招待給食に招かれた。1年生から6年生まで各学年に割り当てられての給食である。図書室で待機中に、私は4年生児童から案内をうけた。教室では給食の用意が準備万端整っていた。子供達の給食に対する態度について、さりげなく観察した。食事のマナー、食事の早さ、食事の量、食べ残し、食事後のかたづけなどである。結論からいうとすべてが、すばらしかった。いただきま~す、の号令で食事が始まった。子供達とのせっかくの時間ですから、会話をしながらおいしい給食を頂いた。あなたは誰々さんですね、と聴いた。顔をみればだいたいわかるつもりだった。が・・しかし当てきれなかった。間違ったりすると、自分はどこどこの子供です。とはきはき応えた。逆にある児童から、「村長の仕事はどうですか、村長になって良かったですか」と聞かれ、正直言ってドギマギした。

今日のメニューはグルクンの野菜あんかけ、ごーやー・きゅうり・ワカメの酢の物、あーさ汁と牛乳でデザートはタンカンでした。鍋に残っている料理は競争しておかわりした。今の子供達は、おやつなど間食をよく摂るので少食だと思っていたがよく食べる。見直した。私たちの小学生の頃の食事事情を少しばかり話した。給食は硬いパンと脱脂粉乳という、アメリカからの配給ミルクだけで牛乳はなかった。家庭でも白い米のごはんは、なかなか食べられなかった。さつまいもが主食で、おかずなどはめったにないので、いもばかり食べていた事などである。年代は後になるが、脱脂粉乳から牛乳に変わったのは昭和50年頃であるらしい。昭和51年には、日本人の食事の洋食化に伴い、米の生産量の増大とは反対に米の消費量が減ったため、米余りが続き、余った古米、古古米を処理するため、パン食から米給食に変わった。

先生の給食時間終了で全員が完食である。後片付けも協力してすばやくできた。歯磨きもてきぱきできた。「やーなりどうぷかなり」家庭でも頑張っている事がうかがえる。
飽食の時代、一般的に好き嫌いのある子が増えていると言われている。多良間の児童生徒の皆さんは好き嫌いなく、何でも食べて健康で丈夫な体を作ってほしい。「健全なる肉体に健全なる精神は宿る」と言われるように体も心も逞しく成長することを願う。

防災一口メモ(第89回)を掲載しました

2014/2/7 19:09 更新

防災一口メモ(第89回)を掲載しましたのでご覧ください。

防災一口メモはこちらから