’’の検索結果

書道教室

2013/8/29 16:51 更新

2013/09/11 15:00

日時:平成25年9月11日(水) 15:00~17:00
場所:図書館2階

村長就任3ヶ月を振り返って

2013/10/8 10:14 更新

村長就任から早3ヶ月が経過いたしました。その中で私は、この多良間村が各関係機関・郷友の皆様など多くの村内外の方々からのご支援により、支えられている離島村であることを、改めて痛感しているところであります。そして、そのご支援にしっかりと応え、多良間村がゆかり°村となるよう、着実に進めなければならないという、大きな使命感に身の引き締まる思いであります。その思いと村制施行者としての責任の重さを心にきざみ、村長として執務に専念しているところであります。

就任してからこの3ヶ月間多くの要請・折衝により、村の抱える課題について問題提起し、決断を致してきました。私が常々強調しております、スピーディな業務運営を実行致しております。

就任当日78日から、各種行事、百周年記念事業や一括交付金事業の取り組みについて、課長の皆さんに確認し、今後の方向性について指示を致しております。就任翌日9日には、沖縄県副知事、県の各部長を表敬し、多良間村への協力要請を行いました。その後からは、安倍総理大臣宮古島への迎え、多良間の方々が遭難し葬られている渡名喜島での供養、宮古島県出先各機関への事業協力要請を行っております。さらに県関係部署へは、多良間~石垣間の航空路線再開要請、死亡牛処理対策についての要請、製糖工場と脱葉処理施設の新設要請、村木である「福木の日」制定についての、協力要請などを行って参りました。いずれの要請事項においても、前向きの回答を得て、今後着々と進めていく計画であります。仲井眞知事には村制施行百周年記念式典への出席お願い、高良副知事には記念講演依頼を行っております。

また、村制施行百周年記念事業については、記念碑の建立、多良間らしいモニュメント作成、イメージキャラクターの作成、明和の大津波で多くの命を助けられ、食糧を分け与えてくれた八重山の方々への、感謝のしるしとしての「碑」の建立など、新たな事業として取り組んでおります。

その他にも在宮古郷友会、在沖郷友会、八重山在郷友会の方々との交流をとおし、郷里を思う熱き心、深い愛情を肌で感じ、ありがたく感謝の気持ちでいっぱいであります。と同時に、各方面からご支援を頂いている本村が、一丸となって頑張っている姿をみせていくことが、恩返しにつながるものと心に誓っております。

「新たな可能性を創造しキラリと輝くゆかり°村」を目指して、村民とともにつくっていきたい。そんな気持ちでいっぱいであります。

平成25108

多良間村長 伊良皆 光夫

2期目就任式あいさつ

2018/4/5 10:57 更新

去った6月25日執行の多良間村長選挙におきましては、村民の絶大なるご支持・ご支援を賜り誠にありがとうございました。

村民の皆様の温かい激励と心からの祝福を受け、あらためて村長としての責任の重大さに、身の引き締まる思いであります。

私は、選挙戦をとおして「基本理念」「基本方針」「基本政策」を掲げて村民の皆様とお約束をいたしました。それは、産業の振興による仕事づくり、教育の充実による人づくり、UIターン・定住対策、少子化対策、子育て支援、子どもからお年寄りまで安心して暮らせる健康な村づくり、安全・安心で快適な暮らしやすい環境の整備、医療・福祉の充実等であり、これらの公約実現に向けて村民の皆様、議員の皆様、職員の皆さんと一生懸命励んでいきたい、と決意をしているところであります。

私が、職員の皆さんに常々申し上げていることは「物事を進める上で出来ない理由を考えるのではなく、どうしたら可能になるかを考えてほしい」ということです。常に変化し続ける社会や経済的環境に目を向け、今、村民から何を求められているか、それを果たすにはどうしたら良いかということを、これまでの慣例にとらわれることなく考えてほしい、物事の視点を考えてみてほしいということです。「見る・考える角度を変えてみる」このことは進化につながることであり、現場を自分の目で見て、新しいアイディアを提案して欲しい。そしてそれをしっかり議論し、良いと判断したら挑戦してみようではありませんか。失敗を恐れてはなりません。「何もやらずにいるよりも、失敗してもいい、挑戦してみて下さい」。進歩は失敗から生まれます。勇気と主体性をもって諸課題に取り組んで頂きたい。

今、私たちは自らの自由意志によって、富める者も貧しき者も平等に生きる権利を保障されています。この現代に連綿と続く過程には、たくさんの先人が汗を流し、死にものぐるいで私たちの生活を守ろうとしてきました。まさにその歴史の集大成だと思います。いま一度私たちは、これまでの当たり前をもう一度見直して、次の世代に、そして今の時代に本当に求められている行政の役割は何なのか、考え直し、築き あげていくことが必要ではないでしょうか。そのためには、デスクワークばかりでなく、行動し実践することが重要であります。

行政の仕事は、ともすれば「前例踏襲」とよく批判されます。確かにこれまでの議論、経緯を踏まえ、連続性のもとで継続的に行政運営を行っていくことも大事なことです。しかし、最も大事なことは「村民の皆様の暮らしを守る」ことであります。村民の暮らしが守られていないところに、行政の前例踏襲や内部の理屈は通用しません。行政がこれからの村づくりにおいてどんな役割が求められているのか、村民の皆様とともに考え直し、創りあげていきたいと思います。

村民の皆様、議会議員の皆様、職員の皆さん今後ともご指導・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。そして、先人の皆様も夢見てきた「ゆか゚り村」実現に向けて、邁進しようではありませんか。

村長プロフィール

2018/7/27 9:27 更新

昭和30年5月25日生
学歴
昭和49年 3月 宮古高校卒業
昭和53年 3月 琉球大学
短期大学部卒業
職歴
昭和54年12月 宮古郡農協入組
平成元年  7月 同 金融課長
平成17年 7月 多良間村役場
助役
平成19年 4月 多良間村副村長
平成24年10月 多良間村副村長
解職
平成25年 7月 第29代多良間村長就任
平成29年 7月 第30代多良間村長就任

第16回たらま島一周マラソン大会 参加受付開始!

2014/8/29 16:14 更新

第16回たらま島一周マラソン大会

マラソン大会の詳細について

マラソン大会のインターネットでの申し込みについて

下記サイトにてインターネットからの申し込みが可能です。

JTBスポーツステーション RUNNET スポーツエントリー
JTBスポーツステーション RUNNET スポーツエントリー

マラソン大会の郵送による申し込みについて

参加申込書 に必要事項を記入の上、窓口、現金書留及び口座振り込みにて下記事務局へ申し込んで下さい。

〒906-0692 沖縄県宮古郡多良間村字仲筋99-2

多良間村役場 観光振興課(事務局)

Tel 0980-79-2260 Fax 0980-79-2664

金融機関 JA沖縄 多良間支店 店番 704
口座番号 普通 0242751
名義人 多良間島一周マラソン大会実行委員会

アコー山御願(里神)の移動

2013/8/9 11:22 更新

多良間村中央公民館が35年の歴史を終え、
解体及び新築(多良間村コミュニティー施設)のため、
村役場敷地内へ一時的な移転となった。

第16回たらま島一周マラソン大会 11月9日(土)開催

2014/8/25 20:51 更新

第16回たらま島一周マラソン大会は、平成25年11月9日(土)に開催が決定しております。

なお、申し込み開始は、平成25年9月2日(月)からとなっております。

詳しくは、多良間村観光振興課の大会事務局(0980-79-2260)までお問い合わせ下さい。