’’の検索結果

本村夏鈴さん(多良間中3年)が女子砲丸投げで県中学新記録の快挙

2010/7/22 9:29 更新

新記録賞状を手にする本村さん。

 

 平成22年6月26日、県総合運動公園陸上競技場で行われた第56回全日本中学校通信陸上競技沖縄大会において、多良間中学校3年の本村夏鈴さんが、女子砲丸投げで、県中学記録を21センチ更新する13㍍42の県中学新記録で優勝した。これまでの記録は、1987年に作られた13㍍21だった。本村さんは、この記録を23年ぶりに更新した。

 翌日、多良間では「幼・小・中合同運動会」が開催され、場内放送でもその快挙が伝えられ、場内は盛り上がった。

 多良間中学校の永松校長の話:とにかく『素晴らしい』の一言です。それから、本村さんは生徒会長でもあり、普段の生活態度がしっかりしているので、それも結果に出ているのでは。とにかく、地道な努力をしている。バスケットボールをやめてまで、砲丸投げに打ち込んだことが大きい。また、他の生徒にも波及効果を生んでおり、やる気につながっていることは良いことだ。

 手登根監督の話:記録の伸び方が恐ろしい。どこまで伸びるか見当も付かない。14㍍近く投げれば、全国の表彰台も見えてくる。現時点でのランキングは、ダントツで九州1位。

 本村さんは、7月18日~19に行われる沖縄県夏季総体に参加、その後8月7日~8日に佐賀県で開催される九州大会、そして8月20日~22日に鳥取県で開催される全国大会への出場が予定されている。

波平芽萌瑶選手(多良間小2年)が型の部で初優勝(沖縄県少年少女空手道選手権大会)

2010/6/2 13:51 更新

   優勝した波平芽萌瑶選手(右から2人目)

 平成22年度沖縄県少年少女空手道選手権大会が5月30日、沖縄県立武道館(那覇市)で開催され、多良間小学校2年生の波平芽萌瑶選手が初優勝の快挙を達成した。

 多良間小学校からは、波平選手を含む4人の選手が出場し、いずれも好成績を残した。(成績は以下のとおり)

 波平選手は、8月7日に東京武道館で開催される『第10回全日本少年少女空手道選手権大会』へ出場することが決まっており、活躍が期待される。『目指せ、全国制覇!!』

 成績は以下のとおり

 女子型の部 優勝 波平芽萌瑶(2年生)

 男子型の部 3位 波平空大(4年生)

 女子型の部 3位 高江洲由芽(4年生)