史跡・文化財

2014/4/14 12:08 更新

多良間村は、史跡・文化財が多数存在することでも有名です。

■重要無形民俗文化財

指定 指定年月日 備 考
八月踊り-豊年祭 S51.5.4 穀上納をすませた報告と豊作を祈願する神前での奉納踊り

■無形民俗文化財-信仰行事

名 称 指定 指定年月日 備 考
スツウブナカ S58.5.26 豊年の感謝と祈願を主とした祭り

■記念物-史跡

名 称 指定 指定年月日 備 考
ウプメーカ S49.7.11 島の開拓振興につくした土原豊見親の墓
寺山の遺跡 S49.7.11 真言宗の僧 心海が移住し修行した所

■有形民俗文化財-史跡天然記念物

名 称 指定 指定年月日 備 考
泊御獄 S49.9.18 航海安全を司る神を祀る
嶺間御獄 S49.9.18 嶺間按司を祀る
普天間御獄 S49.9.18 船守の神を祀る
水納御嶽 S49.10.18 土原豊見親のおじ「ミンナペーユヌス」祭神として祀る

■有形民俗文化財-史跡

名 称 指定 指定年月日 備 考
土原ウガン S58.5.26 仲筋の八月踊りを行う場所
多良間神社 S49.9.18 土原豊見親を祀る神社
運城御獄 S49.9.18 島守の神を祀る
塩川御獄 S49.9.18 島民救済(明和の大津波)の際の「賜護」の額がある。
ピトマタウガム゜ S49.10.16 塩川の八月踊りを行う場所
フタッジウガム゜ S49.10.16 仲座金盛の一人娘マボナリを葬った場所
パリマガー H1.8.1 この井戸を中心にパリマムラができていた
フタツガー H1.8.1 この井戸を中心にフタツガームラができていた
ブナジェーウガム゜ H13.10.3 島立ての神ブナジェー兄妹を祀る
ウツバルウガム゜ H13.10.3 金志川金盛を祀る
ウイグスクカンドウヌ屋敷跡 H13.10.3 スツウプナカ創始者の屋敷跡
カディカリ゜ヌウヤ屋敷跡 H13.10.3 ツウプナカ創始者の屋敷跡

■有形文化財-古文書

名 称 指定 指定年月日 備 考
新里家文書 S56.3.30 首里王府からの辞令書(1631年から1652年)
系図家譜その他の古文書 S58.5.26 歴史を知る上で貴重な資料

■有形文化財-書籍

名 称 指定 指定年月日 備 考
掛床 S58.5.26 仁義 壽・福
扁額 S58.5.26 龍光
組踊台本 S58.5.26 忠臣 仲宗根豊見親組・忠孝 婦人村原組・忠臣 公之組・多名田組・手水の縁

■記念物-天然記念物

名 称 指定 指定年月日 備 考
塩川御獄の植物群落と
フクギ並木
S49.10.3 直径30~50cmほどのフクギ並木が御嶽へとつづく
運城御獄のフクギ群落 S49.10.3 フクギの他にイヌマキ、デイゴ等の樹木も見られる
抱護林 S49.12.26 防風・防潮・防火・土砂の流出予防等の役割がある
嶺原の植物群落 S49.9.18 石灰岩地域の潜在自然植生を知る貴重な植物群落
土原ウガンの植物群落 S49.12.26 琉球石灰岩地域植生として学術的に貴重な植物群落
水納島のパナリのミズガンピ S49.10.6 岩の上に高さ約2メートルのミズガンピが自生している
シューレーウガン S48.12.6 スツウプナカのキダリ゜の日に祭事が行われる

■記念物-史跡

名 称 指定 指定年月日 備 考
八重山遠見台 S4910.16 遠見番を見張りさせ航海の安全を図った
宮古遠見台 S4910.16
里之子墓 S58.5.26 平敷屋朝敏一門の墓
報恩の碑 S58.5.26 岩手県宮古市の商船が遭難した場所
高田海岸、オランダ商船
遭難の地
S58.5.26 オランダ商船が遭難した場所
アマガー、シュガーガー、
フシャトガー
S58.5.26 自然洞窟の湧井戸
イビの拝所と仕上世屋跡 S58.5.26 イビではウプリ行事が行われる
水納島の鳥塚 S58.5.26 百合若伝説にまつわる石碑
土原ウガン遺跡
八重山遠見台遺跡
塩川御嶽遺跡
水納御嶽遺跡
S58.5.26 土器、青磁等の遺物が採集される